生まれたらもう元に戻せない
あっという間の トツキトオカ

毎日おなかで大きくなる赤ちゃん

胎動を感じる毎日

いつまでも忘れたくないですよね。

いつかこの姿をこの子に見せてあげたい…

だからこそ!

今の幸せをお写真に残しましょう!

できればパパも一緒に^^

「生まれる前から愛してる」

赤ちゃんと一緒に撮影しませんか?

・・・とはいえ、出かけるのは面倒

スタジオで着替えをするのも

緊張感があって。

今の時期はフォトスタジオで

たくさんの人に交わりたくない。

そんなことありますよね。

妊婦さんはとってもデリケートです。

でも自宅で自撮りする写真は

なんだか物足りない・・・(._.)

そんな方に是非体感していただきたい

” 自宅出張撮影 ”

光の入らないお部屋でも撮影できます!

4.5~6畳くらいのスぺースがあればOK^^

撮影に関しては担当フォトグラファーと

事前にメールでやり取りし、

撮影内容などを打合せさせていただきます

ご安心くださいませ^^

マタニティ&ニューボーン2回まとめてのご予約もお取りできます!

マタニティフォトとニューボーンフォトをセットで撮影することです。

マタニティフォトでは、ママの大きなお腹に可愛らしい小物を添えて撮影します。

その小物とは、赤ちゃんを迎えるための「ウェルカムブーケ&ベール」です。

そして、待望の赤ちゃんが産まれたら、マタニティフォトで使用した「ウェルカムブーケ&ベール」を添えて赤ちゃんを撮影します。

同じ小物を使うことで統一感が出て、赤ちゃんの小ささや時の流れを感じることができ、とても感動すると撮影されたママに喜ばれています。

その2枚の写真を1つのボードに仕上げるととても感動する仕上がりに…♡

トツキトオカ頑張った、ママ&赤ちゃんへのご褒美としていかがでしょうか。

ニューボーンフォトが、日本に入ってきたのは、ここ3年くらいのことです。

まだ産まれて間もない新生児さんだからおうちへの出張しないといけない事情がありフォトスタジオにはなじみませんでした。

出産は、普通分娩であれば、計画的に行うことは難しいですよね。

赤ちゃんのタイミング、ママの心の準備が整ったら自然とお産が始めるんです。だから、ニューボーンフォトはスケジュール合わせがすごく難しくてなかなか日本に定着しなかったんですね。

しかも、マタニティ写真とニューボーン写真は同じカメラマンが心を込めて撮影したい。

リンクフォトは同じ小物を使うので、お一人お一人の写真の管理が大変で、2回ご自宅出張を伴うとかなり高価な価格になっていました。

赤ちゃんがお腹に居た時の体勢を鮮明に覚えている期間、そして赤ちゃんの関節が柔らかい期間ということを考えると、ニューボーンフォトの撮影は生後21日までをおすすめしています。

産後のママの体は、ママが大丈夫と思っていても実はまだまだ戻っていません。

決して無理をすることのないよう、ニューボーンフォトもご自宅まで出張させていただきます!

★リンクフォトをご希望の場合は申し込みフォームの「ご質問・ご要望」欄にご記入ください!★

マタニティフォト撮影のご希望日(必須)

※応募期間 2019年9月1日~9月30日

第一希望
第二希望
第三希望
名前
ふりがな
メールアドレス
電話番号
ご出産予定日
赤ちゃんの性別
郵便番号
 郵便番号検索
ご住所
お問い合わせの内容

「リンクフォト今と未来をつなぐ
思いが伝わる2枚の写真を重ねると
涙が出るほど君を何十倍も愛しくさせる」

【番外編blog】企画者はプレママ

みなさん初めまして(^^♪
私は子供写真館の店長経験を経て、ニューボーンフォトのカメラマンやアシスタントをしています。

そしてこの企画を担当している中里です。

実は・・・私も現在34週に入ったプレママなんです。お腹の子の上には、

3歳半の息子がいて、今回は2回目の出産。

このブログを皆さんが読んでくださっているころには、出産が間近かもしれません(笑)

出産は2回目だけどもう3年も前のこと。

もう一度訪れるあの時の痛みや、寝れない日々のことを想と少しブルーになることもあります。

でもね。今3歳の息子が本当に本当にかわいくて。何よりも愛しく何よりも大切だと思う存在になりました

。そんな子があともう一人増えるとおもうと、すごくうれしい気持ちです。

・・・たしかもう一人子供がほしいなとおもったきっかけも、

上の子がお兄ちゃんになった姿を見てみたいなとか、私自身が一人っ子なので、

将来助け合う兄弟がいればな・・・と考えたのがきっかけだったと思います。

初めての時の妊娠、2回目の妊娠。すこし気持ちや心の準備は違いますが
今は、家族が増える喜びでいっぱいです。

実はこの度の妊娠、双子ちゃんでした!二卵性の双子ちゃん。
でも初期のあたりに、一人になってしまいました。・・・その時は本当に悲しくて涙が出ましたが、

でも、何か意味があるのかな。と前向きに考えることに。

もし最初から一人なら、継続できなかった妊娠かもしれないし、

お腹の中で二人で助け合って生き抜くための選択だったのかもしれない。と思うようにしています。

仕事上、産後間もないママとお話をする機会がたくさんあるのですが、

それぞれの出産武勇伝があって、誰一人同じ、出産・子育てをしている人はいません。

それぞれのやり方、それぞれの想いや心境で子育てをするママの懸命な姿を目の当たりにします。

前に書いたように少し悲しいことも自分自身あったし、
お客様とのやり取りでは、残念なこともあります。
やむをえない理由で撮影をやめる人もいます。
それらの経験から、いつも撮影時に赤ちゃんに会うと、
「この子とママの出逢いは奇跡。すべてが当たり前でない」
と考えるようになりました。
頻回な授乳、一生懸命になりすぎて力がはいりすぎたり、
毎日の赤ちゃんのお肌の変化に心配しすぎたり、
何で泣いてるのか、
どうしたら寝かせれるのか・・・
まだまだなれない育児に、しんどくなっているママもいます。

それでもニューボーンフォト撮影を見学している
「ママの顔」は本当にキラキラしています。 絶対にしんどいはず、だって5日前に退院したばかりとか
昼夜逆転してたり・・・してるんです。
絶対にしんどいはずなのに・・・撮影を見学しているママの顔はとってもイキイキしているんです。
すごくかわいいって何度も何度も言って、
撮影が終わったあとは本当に満足感のある笑顔で。
ほんの少し前まで一心同体だった赤ちゃんの存在を見つめている眼差しが本当に美しい。
今日感じたその気持ち、ずっと覚えていてほしいな。
毎回そう思います。

ニューボーンフォトを撮るまでにママたちは本当にたくさんの努力を重ねてきていますよね。
本当にお疲れ様です。
自分の身体の中で命を育み、
産まれてきたら自分より優先に守り育てていく。
少しずつ大きくなっていく姿は本当に喜ばしいことですが、
ママにしかわからない苦労がたくさんあります。
少し疲れたときに、このリンクフォトが助けになる!
私はそう信じています。 risa.nakazato 企画者

わがまま言い放題のプレママ企画

自分が妊娠しているときにちょうど今回のモニター募集に携わることができたので、

自称妊婦代表として、たくさんわがままを詰め込んでみました。
まずはマタニティフォト。
もちろんフォトスタジオできれいに撮ってもらうのもいいけど、一味違った家での写真。
赤ちゃんの為に準備したグッツと一緒に撮りたい、

赤ちゃんを迎えるために準備した部屋の様子もあったらうれしいな、

兄弟を妊娠後期にフォトスタジオに連れていく手間を省きたい・・・とか

ニューボーンフォトを撮影するなら、マタニティの時の写真と、ニューボーンの写真をリンクさせたい!

(つながりを持たせたい)私のお腹から、あなたが産まれてきたんだよって1つのボードにおさめたい・・・

そしてなるべく低価格で実現したい!でも不安のない,撮影をしたい!!!

・・・・わがまま言いすぎたかな?(笑)

でもメンバーもママや女性ばかりなので

「うんうん(゚д゚)(。_。)わかる!」って賛同してくれて、

今回、この「リンクフォトモニター募集」として実現したんです。

私たちの思いは1つ。

ニューボーンフォトでママにエネルギーと感動を与えたい!!!」

実際私も、1枚の写真にいつも助けられているんです。

・・・残念ながらそのころリンクフォトはなかったのですが・・・(悔しい!)

日々の生活で、仕事と育児の両立で疲れたり、なかなか言うことを聞かなくなってイライラしたり、

理不尽に怒ってしまって、私がママじゃないほうが幸せなのかなとネガティブになったり・・・

やっぱりしちゃうんですよね。

でも、その1枚の写真をみると、

「この子のママでよかった。頑張って産んだんだよね。大きくなったな。

ちゃんとこの子を育ているんだ私!」って少し元気になるんです。

だから私はそのお気に入りの写真を、いつでも見れるように、お家のリビングに飾っています。

みんなにもこんな写真、絶対に必要。リンクフォトをいつもお家に飾っていいてほしい。

そんな思いで企画しました。

トツキトオカ

妊娠期間は様々な思いが巡る。どうか無事に育ってくれるように祈る気持ち。

少しづつ大きくなるお腹と過ごす10カ月間は本当に大変。

君も大きくなることを懸命に頑張っている。ママも君の為にとっても頑張っているよ。

毎日欠かさずみる子育てアプリ。

「あと〇日待ち遠しいな」「ママ大好きだよ」「

無理しないでね。ママ一人の身体じゃないんだから」

アプリが教えてくれる君の声や成長が、とっっても愛しくて少し安心したり。

お腹の中の君もきっとこんな風に考えてくれているんだよね。

出産・・・待ち遠しくもありそして、その時を迎えることを考えると計り知れない不安。
でも、毎日元気に感じる胎動で、励ましてくれるからママもその日を楽しみに頑張れるよ。
お腹の中の君のことが心配で、すくすく育ってくれるようにって、こんなに祈るような気持ちは、
君を初めて抱っこしたら忘れちゃうかもしれないね。こんなに重たいお腹も、むくんだ足のことも、

少しふっくらしてしまった身体も、痛かった腰も、安産のためにたくさん歩いたことも、

全部、君の成長とともに忘れるかもしれない。

でもリンクフォトがあれば、ずっと今日の「あなたに会えることが待ち遠しい」こんな気持ちを忘れないでいられる。

マタニティ・ニューボーンフォト専門店ユースマイルベビー

会社名株式会社キシモト

代表取締役社長 岸本成司
本社郵便番号673-0012 本社所在地兵庫県明石市和坂11-3生頼第一ビル101号室
本社電話番号078-925-3190
創業1946年11月
設立1962年4月
資本金1,000万円

【マタニティ出張撮影企画は、株式会社キシモト ユースマイルベビーが運営しています。】